So-net無料ブログ作成

捨て猫(意味がわかると怖い話) [意味が分かると怖い話]

捨て猫.jpg

バイト帰り歩いていると、猫が降ってきた。

うわっ!マジでビビった。

我ながら情けない悲鳴だ。

木から落ちたのか、動けないようだ。

好きってワケではないが、鳴いている姿が妙に可愛かった。

目の前が家ってのもあり、連れて帰った。

適当に餌を与えると喜んで食べる。

ミーミーと鳴く姿が可愛い…

でも、ペット厳禁だから治るまでの間だけ。

寂しさを紛らわせる存在だ。

しばらくしたら動き回れるまでに回復した。

すると糞尿を撒き散らし、壁を引っ掻くようになった。

何だコイツ!?

初めてで、こんな大変とは思わなかった。

大家にバレ、捨てるか出て行くか問われた。

あの時、変な気を起こさなければ…

俺は近くの裏山に捨てに行った。

誰かに拾われるといいな…

バイトに行き、深夜帰るとそいつは居た。

2階とはいえ、窓を開けっ放しにしてしまったのは失敗だった。

餌を漁るため、部屋中引掻き回し、物を荒らしていた。

ムカついて、深夜にもかかわらず遠くまで捨てに行った。

家に着いたのは、明け方。

で、そのまま布団に潜り込んだ。

次の日の夜、鳴き声で目が覚めた。

そいつが目の前に座ってたんだ。

何で?

確かに鍵も閉めてる、窓も開いてない。

どこから?

怖くなってペットショップに売りに行った。

引き取りにこっちが金を払うという意味の分からない条件。

それでも、早く離れたい一心で承諾した。

次の日になると、コイツは家に居た。

直ぐにクレームだよ!

脱走したらしく、返金され猫も戻ってきた。

それから何度もコイツを捨てに行ったが、それでも家に戻ってきている。

驚いているとき、ドアを激しく叩く音で我に返った。

大家が乗り込んできたのだ。

マズイ!バレたら追い出されてしまう。

もう後がない。

俺は窓を空け、外に投げ捨てた。

通りに落ちる音と誰かの驚く声が聞こえた。

どうやら、その人が拾ってくれたみたいだ。

次の日から、そいつは現れなくなった。

多少罪悪感はあるが、これで安心できる…


   



面白かったらポチッとお願いします( ;∀;)



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。