So-net無料ブログ作成
検索選択

単身赴任(意味がわかると怖い話) [意味が分かると怖い話]

単身赴任.jpg

仕事で1ヶ月ほど出張となった。

決定だから仕方ないが、家族と離れるのは少々寂しい。

家族の写真を財布に入れ沖縄へと向かった。

まぁ、ケチな会社だから宿泊先はボロいマンスリーのアパート。

夏で暑いというのに、エアコンもしっかり動かない。

「最低だな。どれだけケチだよ」

今更会社のケチさに嫌気を感じた。

仕事が終わり帰るのはいつも深夜。

夜だからなのか、部屋は外より幾分マシだ。

それでも、夏の夜を乗り切るにはエアコンが必要不可欠なのはあきらかだ。

エアコンを付けるが、全然涼しくならない。

「設定温度28℃って」

口から自然とこぼれる。

18℃まで下げ眠りについた。

朝起きると、部屋が寒いくらいだw

電気代は会社持ち出し、いいでしょ!

そう思い、職場へ向かった。

茹だるような暑さ…

沖縄の夏は辛い。

仕事が終わり、家に帰った。

汗で濡れたYシャツを洗濯機に投げ入れ、シャワーを浴びた。

部屋に戻り、エアコンを付けてビールを飲み干す。

至福の瞬間w

ん…全然涼しくならない?

設定温度28℃!

「28℃で涼しくなるかよ。馬鹿かよ」

悪態を付き設定温度を18℃まで下げ、ベットに入った。

こんな生活が1ヶ月。

「あ~、早く娘に会いたいわ」

明日もあの暑さの中、仕事か~

そう思いながら眠りについた。


 その他の作品はコチラ 



面白かったらポチッとお願いします( ;∀;)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: