So-net無料ブログ作成

親孝行(意味がわかると怖い話) [意味が分かると怖い話]

親孝行.jpg

私はずっと働き続けてる。

一人娘のために必死に。

昼夜寝ることもなく、ずっと働き続けてる。

母子家庭だからって理由だけで、娘に不自由は思いをさせたくなかった。

でも、いつからか娘に対して嫌悪感を抱くようになってきた。

いつからだろう。

高校を卒業してから?

いや、もっと前かも…

不眠症になり、ずっと寝れない日々が続いていた。

それでも、娘の為に働き続けた。

思い返したら、育児ノイローゼだったのかもしれない。

暴力を振るったことも少なくない。

振るわない日の方が少なかったのかも…

娘は私が寝れないことを気に掛けてくれていたのか、枕をプレゼントしてくれた。

翌年には、綺麗な布団を…

翌年には、綺麗な白い着物を…

翌年には、写真を撮ってくれた。

笑顔の自分を見るのは恥ずかしいが、娘は「皆に見せても大丈夫だね」って笑っていた。

就職をした娘は、一人暮らしを始めた。

就職できて良かった。

娘から「来年は、お給料でお母さんの好きなユリをイッパイ送るね」って。

今年の誕生日。

白い着物に着替えさせられ、娘のくれた枕と綺麗な布団を使い仰向けになっている。

娘が撮ってくれた写真が飾られ、私の周りには送ってくれたユリが敷き詰められていた。

「ようやくゆっくり眠れるね」

娘の乾いた笑いがそこにはあった。

もう、来年の誕生日プレゼントは期待できないみたいね。


   



面白かったらポチッとお願いします( ;∀;)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。