So-net無料ブログ作成

励ましの言葉(意味がわかると怖い話) [意味が分かると怖い話]

励ましの言葉.jpg

去年、両親が交通事故で亡くなった。

とても、辛かった。

声が枯れるほど泣いた。

でも、俺は喪主として、葬儀を滞りなく進める事に努めた。

「これからは、ばあちゃんと俺と弟の三人で生きていかないといけない。」

自分の力で生きていく事を心に決めた。

そんなとき、母の古い友人だという方に、声をかけてもらえた。

「つらくなったら、遠慮しないで何でも言ってね。」

とても励みになった。

感謝しても感謝しきれない位に・・・

ばあちゃんの世話と弟の面倒をみる生活、仕事の毎日が続いていた。


先月、ばあちゃんが死んだ。

「年齢が年齢だから仕方ない」

「大往生だね」

と、周りの人たちは言っていた。

そんな中、俺はしっかりと葬儀を行い、喪主としての務めを果たした。

「立派に務められましたね。」

その言葉に、心から嬉しく感じてしまった。

とても辛かったが、心の励みになった。

これから弟と二人で生活をしていかないといけない。

毎日の仕事と弟の世話で疲れていたが、必死に働いた。


先日、弟が急死した。

葬儀を行い、しっかりと喪主を務める事ができた。

不謹慎だが、もう慣れたもんだ。

周りからも、とても感心されていた。

「一人で大変な時は声かけてください。」

「いつでも連絡をちょうだいね。」

いろんな方々から励ましの言葉をもらい、とても嬉しくなった。

そのとき、ふと思ったんだ。

「もう、誰もいないや」


   



面白かったらポチッとお願いします( ;∀;)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0