So-net無料ブログ作成
検索選択

ストーキング(意味がわかると怖い話) [意味が分かると怖い話]

ストーキング.jpg

いつも見ている。

そばにいる・・・

世間一般ではストーカーって言われている行為をしているが、決してストーカーなんかじゃない!

ただ、そばで彼女を見守っているだけだ。

電話を掛けたり、待ち伏せをしたりしているわけではない。

ただ、見守っているだけだ。

最近彼女は仕事でまいっている。

いつも上司に怒鳴られて、彼女のミスでもないことまで押し付けられて・・・

言い訳をしない彼女はカッコイイが、俺がムカついてしまう。

朝食も抜いてギリギリまで寝ている。

そのせいもあってか、以前のような元気な姿を見ていない。

また、以前のような姿が見たい。

部屋の掃除も全くしていないし、家に帰ったら泥のように眠って・・・

大変そうだ。

何か俺にできないか、不安だけが募っていく。

でも、俺は見守ってやることしかできない。

今朝通勤中に彼女が痴漢にあっていた。

俺は気が付いていたのに、何もできなかった。

見守ってやることしかできない自分の不甲斐なさに腹が立った。

でも、俺は見守ってやることしかできない。

今夜は久しぶりに彼女が早く家に帰ってきた。

何か吹っ切れたみたいで、部屋の中のゴミをまとめて捨てだした。

「もう、過去は振り返らない…」

彼女のつぶやく声が聞こえた。

「あんなストーカーのせいで台無しにしない」

そっか・・・

何故か嬉しくもあり、悲しくもあった。

部屋に放置されていた大きなゴミ袋・・・

浴槽に持って行った。

俺は見守ってやることしかできない。

少し破れたゴミ袋から見えた、以前毎朝鏡で見ていた顔が懐かしくもあった。

これからも俺は彼女を見守っていくだけしかできない。


 その他の作品はコチラ 



面白かったらポチッとお願いします( ;∀;)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: