So-net無料ブログ作成

留守番(意味がわかると怖い話) [意味が分かると怖い話]

留守番.jpg

お兄ちゃんは野球でケガをしました。

左手にボールが当たったらしく、ギブスをしています。

ケガは痛そうだけど、家にお兄ちゃんがいるのは嬉しい。

いつも部活でいないから。

お母さんも仕事でよく帰りが遅いから、夜まで私一人になることがよくある。

今日は、お母さんが仕事から帰ってくるまで、お兄ちゃんと二人です。

ご飯の準備をするのも大変。

「利き手じゃなくってよかった」て、笑ってるけど、やっぱり大変そう。

ご飯を食べながらテレビを見てたら、急に真っ暗になった。

「停電みたいだね。大丈夫だよ」

お兄ちゃんが励ましてくれるけど、やっぱり怖くって私は泣いちゃった。

部屋の中は真っ暗で何も見えない。

「ブレーカー見てくる」て声が聞こえて、お兄ちゃんが部屋から出ていこうとする気配を感じた。

私は泣きながら手探りでお兄ちゃんを探した。

「やだやだやだやだ、一人にしないでよ」

泣き声を聞いてかすぐに戻ってきてくれたみたい。

ワンワン泣きながらお兄ちゃんの手を両手で握った。

安心しちゃったのかさらに大きな声で泣いちゃった。

力いっぱいに握りしめながら、大きな声で泣いてる私をお兄ちゃんは何も言わず撫でてくれた。

ありがとう。


   



面白かったらポチッとお願いします( ;∀;)



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。