So-net無料ブログ作成
検索選択

ストーカー(意味がわかると怖い話) [意味が分かると怖い話]

ストーカー.jpg

もう無理だった。

こんな奴と付き合うなんて耐えられない。

嫉妬・束縛・ヒステリー、マジで怖すぎる。

合鍵を返すように言ったが、全く応じない。

別れを告げた後も、家に帰ると料理が作ってある。

毎日怖いくらいの着信があり、メールも何十通とくる。

携帯はその後、新しい番号とアドレスに変更したが、金がなく部屋を変えることが出来ない。

せめて鍵だけでも取り換えようと業者を探した。

金がないから安いところ、個人でやってる鍵屋を見つけることができた。

「元カノがストーカーになって」と、話すとその鍵屋のオバサン、親身になって聞いてくれて。

その日のうちに鍵を取り換えてくれるって。

部屋まで案内して、ドア開けるとテーブルに一人分の食事が用意されていた。

オバサンは感心していたが、俺にとっては胸糞悪い出来事でしかない。

「あなたは、お世話したくなっちゃうタイプなのよ」と。

すぐに鍵を変えてもらい、支払いをしようとしたら「今回はお金はいいわ。困ったことがあったら連絡して」と、名刺と新しい鍵を渡された。

ラッキーだ。

金に困っていたから助かった。

あんな女のために金を使わなくってよかった。

しばらく何もなく毎日が過ぎていったけど、また再開しだした。

料理だけではなく、部屋が掃除されていて、洗濯までされるようになった。

どうやって?

鍵を変えただけじゃダメみたいだ。


 その他の作品はコチラ 



面白かったらポチッとお願いします( ;∀;)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: